2011年07月31日

イベリア航空との戦い cairo

午前中タフリール広場にあるイベリア航空オフィスへ行く。
もちろん荷物の問い合わせの為だ。
到着すると女性がでてきた。こちらへどうぞとカウンターに案内してくれる。
けっこうちゃんとした応対だったから
「おっ。こりゃどうにかなるかも?」と期待してしまったが間違いだった。
荷物センターに電話してもbusy状態で繋がらないし、電話のかけ方が少しややこしいのであってるのかわからないからここから電話してほしいといっても
「それはできません。」
との一点張り・・・
ねばりに粘ってみたけど無理そうである。
20分くらい言い合ったものの無理だったからもう一度ホテルに戻って電話してみる。
そしたら繋がった・・・・
そして荷物が見つかって今夜の便でカイロに到着するらしい。配達は明朝になるとの事。
よかったーーーーーーー。
以前、ミャンマーでロストバゲージした時は1週間以上待たされて、挙げ句の果てに訳のわからない民家のような場所まで取りに行かされた。その時は宿の人が親身になって飛行機会社に何度も何度も問い合わせをしてくれたために荷物をみつけることができた。
それに最近、スペインとモロッコでロストバゲージして荷物が本当に帰ってこなかった人に2人もあったものだから半分、諦めていたのだ。
は〜本当によかった。思い出がいっぱいつまった荷物。
でも明日の朝までは手放しでは喜べない。
大きな高級ホテルなら配達する人もみつけるのは簡単だろうけど、こんなビルの中にある小さなホテルを見つけることができるか・・・それに、「中身をチェックしないといけないから鍵を渡しておいてくれ」といわれ鍵も預けてある。チェックの際に何か盗まれやしないだろうか・・・・盗まれていてもわからないかもしれないけど・・・

とにかく明日の朝、きちんと戻ってきてくれる事を祈るのみ。

夕方、きのうとは違うコシャリ屋へいってみる。
カイロで一番有名な「Abou Tarek」

IMG_4095.jpg


さすがに有名店だけあって夕方でもけっこう人がいてる。昨日食べた「Sayed Hanafy」よりお米の割合が多い。それだけでちょっと得点プラス。味は大して変わらないかな。
店員が人懐こくてなんだかんだと話しかけてくる。それはそれで楽しい。
賛否両論なコシャリ。
うちらは「賛」です!

IMG_4099.jpg



夜、宿のお手伝いをしているRさんとナーセル駅前にあるフルーツジュースを飲みに行く。
私はイチゴジュース。サトはバナナミルク。
・・・・甘すぎる。イチゴジュースはイチゴジャムを水で薄めた感じ。バナナミルクは砂糖の甘みが強すぎる・・・

IMG_4102.jpg


残念ながらうちらの口には合わなかった。
そこからすぐ近くにあるパティスリーへ。
エジプト伝統菓子や洋風ケーキ、クッキーなどが売っている。ちょっと垢抜けたお店。
3階でカフェもできるというからケーキを頼んで3階へ。
外の喧騒が信じられないほど落ち着いた空気が流れている。
紅茶を注文。なかなか本格的な紅茶をだしてくれた。一種類ずつ香りを試させてくれた。サトはボンベイチャイという名のシナモンがはいったいかにもインドを思わせる葉を。私はwhite lilyというホワンと温かいやさしい香りのする葉をセレクト。
エジプトとは思えないかわいいポットでだしてくれた。
紅茶の香りで癒される。
時々、こういう時間は必要です。
これで紅茶1ポット6ポンド(100円)安い。大阪だと600円はする。
ケーキもひとつ5ポンド。安いなーーーー。
幸せな時間でした。

IMG_4110.jpg




サトは明日からラマダン(断食)に入ります。
私は横で食べて飲んでやろうと思います。
posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

…ピラミッドってこんなん? cairo

朝9時起床。テラスで朝食。ここは安宿には珍しく朝食付きなのだ。テラスから道を挟んで隣の建物の壁がみれる。でも風通しがいいから気持ち良い。下を見下ろすと動き出した町もみることができる。のんびり出来そうな宿だ。
朝食後は荷物ばかり気にしていても仕方ないので出かける事に。
エジプトといえば・・・ピラミッド!!スフィンクス!!!
なぜか子供の頃から神秘的に感じてちょっとした憧れをもっていたピラミッド。
ついに見ちゃいます!!!
タフリール広場から900番のバスに乗って1時間弱。それでも料金はひとり0.5ポンド(8円)やすっっっ!!!!安さにビックリ。
ただバスを探すのにちょっぴり苦労する。バスの番号表記はアラビア数字なのでアラビア数字を覚えておかないとバスに乗れない。そして周りの人に聞きまくる。
エジプト人はみんな親切だからちゃんと教えてくれるので助かる。
(時々、わからなくても教えなければ!と思う人がいて適当な事をいう人もいるので注意。悪気はないみたいなんだけどね。)
バスターミナルで待つこと30分。ようやくバスに乗れた。
バスに乗ってナイル川にかかる橋を渡る。
「これが世界一長い川かぁ・・・・ナイル川、見てもうた。普通の川だね。」
とサトと川を眺める。
もっと南の方へいけばドラマティックに見えるのかな。

バスがもうすぐピラミッド付近に到着する頃になると、客引きが乗ってきた。
「ピラミッド行くなら今ここでバスを降りないと!」と言ってくる。
バスの運転手さんをみると「まだだよ」と合図してくれる。
運転手さんを信じて客引きをひたすら無視していると、左手にピラミッドが見えてきた。
バスの運転手さんがここで降りて左の方へ行くとチケットオフィスがあるからねと教えてくれる。その間も横で客引きがなんだかんだと言ってくる。
目も合わさず完璧無視を決め込むうちら。
でもこの行為が時々、怖く感じる時がある。
人を無視するってなんか自分がひどく冷徹な人間じゃないかと思ってしまう時がある。
こういう考えが「日本人はチョロイ」といわれる原因なんだろうけどね。
だからといってちゃんと受け答えをしていると、客引きは離れていかない・・・そして最後はめちゃくちゃムカつく事いわれたりする。うまくあしらうのって難しい。

ピラミッド入場のチケットを買う。
ひとり60Eポンド、学生料金ひとり30Eポンド。
チケット売り場の横にトイレがあった。近くにポリスがいたから「お金いるの?」と聞くと「いらないよ」というので手ぶらでトイレへ。
そしたら掃除のおばちゃんがいて案の定「お金!!」といってくる。
「持ってない」っていると、すごい顔して「お金!!お金!!!」っていってくる。
なんか腹たって「だから持ってないっていってるやん!そこのポリスが払わなくていいっていった!!!!」といっても入れてくれないから怒った顔して出て行くとポリスのところへ行くと思ったのか「マダム。入ってもいいわよ。」と呼び戻しにきた。
なんじゃそりゃ。やっぱり無料やん。
もし入り口でティッシュをもらったらお金払わないといけないけど、ティッシュも持ってるし。それにエジプトでは遺跡や国の機関などではトイレは無料だと聞いていた。なのにこのおばちゃんの態度ときたら・・・そして後からサトもトイレにいったらお金と言われたらしくサトはトイレせずに戻ってきた。

IMG_3962.jpg


気を取り直し、ピラミッドへ。エントランスでチケットを見せる。そしたらその係員が
「ジャパン??日本のペン持ってたら見せて」
と言う・・・・なんでも自分には小さい子がいるからペンが欲しいんだと。
ったく。そんな見え透いた嘘でペンあげる訳ないだろ!!しつこいからチケットを奪い返して中へ入ることにした。
荷物検査をしてさらに奥へ行くと、「チケット拝見〜」という少年がでてきた。怪しい・・・
案の定、客引き。またもやチケットを奪い返してピラミッドへ向かう。
やつらのせいで
「うわーーーー。ピラミッド!!!!」ってな感動気分で観光を始められなかった。
「あーーーーー客引きが鬱陶しい」といいながらピラミッドを見上げる。
眩しい・・・・
サングラスが欲しい。照り返しがきつすぎて目がしょぼしょぼする。
IMG_3980.jpg


ピラミッドはごつごつした石の塊だった。幼い頃に想像していたのは表面がツルンとしていてもっと輝いているものだと思っていた。だけど実際には表面を覆っていた化粧岩はきれいに盗まれてしまったらしい。なのでピラミッドの表面は階段状になっている。登ろうとおもったら登れそうな感じだけど、禁止されている。なんでも強風のために落ちて死んだ人がいるとかいないとか・・・
まあ、この暑さ、日ざしのきつさの中、登る気なんてしないけど・・・

ギザ地区には3つのピラミッドが並んでいる。
一番大きい「クフ王のピラミッド」146m 頂上部は崩れてしまって本来あった高さまで鉄の棒が刺さっている。
その次が「カフラー王のピラミッド」143m 上の方は少しツルンとした化粧岩が残っている。
そして一番奥にあるのが「メンカウラー王のピラミッド」65.5m

IMG_4033.jpg


パノラマビューポイントからよりもメンカウラー王のピラミッドのさらに奥へ砂漠の中を歩いていって見るほうが3つのピラミッドが連なって見えて綺麗だと思う。

暑い・・・ふたりとも無言でスフィンクスの方へ歩いていく。
向こうの方にキノコ頭の後姿がみえてきた。スフィンクス・・・まぬけな後姿である。
さらに前に回って顔をみてみると、かわいそうな事にアラブ人の侵入後に鼻をけずられ髭を取られた顔があった。アラビア語でアブル・ホール(畏怖の父)と呼ばれているらしいがどうみても間抜け面にしかみえない。

IMG_4069.jpg


もう暑くて暑くてたまらなかったからピラミッドを一望できると有名な出口前にあるKFCへ。2階のピザハットへ行き、景色を見ながらピザ食べる。

IMG_4083.jpg


別に敷地内に暑い思いしていかなくてもよかったんじゃないかというほど最高の景色である(笑)まあ、せっかくきたんで敷地の中に入らないとね。
ピザハット美味い。やっぱり世界的チェーン店は裏切りません。

IMG_4077.jpg



帰り道はタフリール広場までバスがすぐにつかまらず、ギザ広場までバスで行きそこから電車に乗って帰る。
エジプトで道に迷ったり困ったりしていると必ず誰かが声をかけてくれる。助かります。

まだ少し帰るには早かったからヒルトンホテルのショッピングセンターへ行ってみる。
しょぼい・・・偽ブランド品を扱う店とかガラクタ売ってる店とかばかり。
昨日のショッピングセンターのようなものを期待したうちらがバカだった。マクドでアイス食べて宿へ戻る。

夜はコシャリをテイクアウトして部屋で食べて終了。
主食がコシャリになってきている。炭水化物のみなのでふたりとも腹がでてきた・・・
posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

最先端のショッピングセンターに救われる cairo


朝6時カイロ国際空港をでてバスで町へむかう。顔も洗ってないし歯も磨いてない。
なんか体全体がカピカピな嫌な感じがする。文句を言ってもどうにもならないのでとりあえず宿を探しに行く。
バスに乗って20分くらい(?)でタハリール広場に到着。暑い・・・
荷物がなくて落ち込んでいる上にちゃんと寝ていない体にこの熱気はきつい。

とにかく宿を探す。
カイロといえば有名宿がある。
「safary」「sultan」
だけどこの2つの宿にはクーラーないし汚いと聞いていた。気分も落ち込んでいるので同じ建物の4階にあってクーラー付ツインルームがある「VENIS HOSOKAWAYA HOTEL」に泊まる事にした。少し値段は上がってツインルームで1泊95ポンド(1300円くらい)

さっそくチェックインをして部屋に入る。見た感じ綺麗だ。
宿の電話を借りて空港でいわれた番号に電話するがつながらない。荷物の保障などについて聞きたいのにそれもできない。

とにかく疲れてたからシャワーを浴びて着替えたいけどシャンプーも石鹸も化粧水も何もない。しかたなくそのまま眠る事にする。

結局、夕方まで爆睡する。起きたら小腹がすいていたから宿の近くにあるコシャリ有名店に足を運んでみた。

IMG_4351.jpg


パスタとお米をミックスした上にドライオニオンと豆がのっていてそれにニンニク入りのトマトソースをかけて食べる。お好みでさらに酢とチリソースをかける。
これが噂には聞いていたけどなかなか美味い。ジャンクな感じがたまらない。お腹もいっぱいになったし身の回り品を買いに行く事に。

IMG_4357.jpg


カイロには大きなショッピングセンターがあると聞いてバスで行ってみる。
「city stars」というショッピングセンター。めちゃめちゃでかい。
人もすごい。お金持ちのエジプト人がいっぱいだ。うちらの宿がある辺りと違う雰囲気が漂っている。バーゲン中ということもあってかみんな手にはいっぱい袋を持っている。それに垢抜けている人が多い。
ここにはZara,H&M,french connection,nike,puma,adidas,trimp,,,,,,などなどいっぱいある。
こういうところにくるとすごくホッとしてしまう。結局、私は少し都会じゃないと生きていけないんだなーと痛感する時だ。そして今日は遠慮せずに服を買える。いやいや何にもないから買わないといけないのだ。
とりあえずTシャツ、下着、化粧水、シャンプー、歯磨き粉などを購入。
ついでにスカーフやタイツも買った。
どうせなら水着も買っちゃえと探すがサイズがなくて断念、、、

このショッピングセンターがあったお陰で普通のものを購入することができた。
もしここが無かったら私もエジプト女性が良く着てる裾のながーいワンピースを買うしかなかっただろう。
背の低い私にはちょっと無理である・・・この汚い町中を裾を引きずって歩くなんて考えられない・・・とにかく普通に買い物ができてよかった☆

スタバでお茶する。やっぱりスタバは裏切らないなぁ。うまい。
久々のお買い物にも満足してまたバスに乗って帰る。
エジプトはどこへいっても人が人懐こいを通り越してうざいと聞いていたけどそうでもない。声掛けられる回数は高いけど、ハローとかが多くて日本のお笑い芸人のギャグをいってきたりとかしないから今のところ特には気にならない。

帰って宿でシャワー浴びる。シャワー最高・・・
posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ←ポチッと押してくれると嬉しい。ランキング参加中。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。