2011年09月30日

エチオピアで韓国料理 addis abeba


いくら食が豊かなアディスでもなかなかおいしいお米は食べられない。

だけど日本人ですからお米、食べたくなりますよね。
そこでちょっと値段は高いが韓国料理。「RAINBOW」
ひとり100birr(500円)くらいで食べる事ができる。
ボレ地区のフレンドシップの近くにある。ミニバスで行くときはマスカルスクエアから「ルワンダ」と言えばすぐ近くで降ろしてくれる。道路沿いに看板がでているので看板にしたがって中に入っていけば見つかる。


メニューにスパイシーと書いてあるものはなかなかの辛さなので辛いのが苦手な人はご注意。
だけどどれを食べても美味しい。
そして、前菜に必ず4つの皿がでてくる。

IMG_6533.jpg


人数と同じ回数まで全部の皿をおかわりできちゃうのだ。この前菜がまた美味しい。
キムチは必ずでてくるけど、行く度に内容が違いました。

IMG_6534.jpg

辛くないチジミ。

IMG_6535.jpg


IMG_6536.jpg

キムチチゲ。けっこう辛い。

IMG_6538.jpg

プルコギ。文句なしにうまい

IMG_6539.jpg

肉とお米が食べられて大満足のサトとマスダ君。

あと、辛くなくてお勧めなの「mandu guk」
手作りの大きな肉餃子が6つ入った卵スープ。韓国のリ入りで優しい味でホッとします。
インジェラ料理やイタリアンの脂っこい料理に疲れた人にはオススメです。



posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

珈琲セレモニー addis abeba

エチオピアには珈琲セレモニーというおもてなしの文化がある。

IMG_5999.jpg


お客様がきた時はケテマという草を床に撒き、お香を焚いて珈琲セレモニーでもてなすのだ。
ケテマという草を撒く理由は自然の中にいる雰囲気を出す為らしい。(ただ散らかってるだけにみえなくもない 笑)


IMG_5989.jpg


まずは豆を綺麗に洗う。


IMG_5994.jpg


豆を炭火で丁寧に炒る。



IMG_6004.jpg


お客さんに豆の香りを見てもらってOKだったら豆を潰す。


IMG_6010.jpg


潰した豆をお湯が沸いた急須(?)の中に入れる。



IMG_6011.jpg


そしてさらにしばらく沸騰させる。



IMG_6029.jpg


少し待って粉を沈殿させる。温めたお猪口のようなカップに1杯目を入れてくれた。
美味しい。機械でいれる珈琲とは全く別物だ。
こっちでは砂糖は必ず入れて飲む。
エチオピアの習慣に従って砂糖入りで飲んでみたがそのほうが美味しい。
なんだか透明感のある味である。
セレモニーの間、ずっと良い香りがしている。

1杯目が一番濃い。

カップに珈琲がなくなったら2杯目入れてくれる。
さっきの1杯目の豆に水をたして煮出したものなので少し薄い。
3杯目も同様に水を足して煮出して飲む。3杯飲んだら終了。
おつまみはなぜかポップコーンが主流らしい。

IMG_6022.jpg


エチオピアにきたら絶対に体験したかった事のひとつだったので、きちんとしたレストランでみせてもらった。ふたりで150birrという驚きの価格でした…(宿代より高い!)

1杯目の珈琲を飲むだけに30分ほど待ち、おしゃべりしながら珈琲をゆっくり楽しむ。
あっという間に時間が過ぎていた。
インスタントじゃなく豆を炒るところから大切に、相手の為に入れる珈琲。
なんでもスピーディな現代にはこんな時間も必要だ。


このレストランはまだできて間もないらしく、オーナーさんがお店の事や珈琲の事を丁寧に教えてくださった。しかも、tejiという蜂蜜酒をご馳走してくださった。

IMG_5979.jpg


インフォメーションセンターの裏にある赤い壁のレストランです。

IMG_5971.jpg

夜は食事と共に演奏と踊りを楽しめるそうです。

posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

これは火災か?!火柱のぼる!!!エチオピア addis abeba


今日はエチオピアの祝日
「真実のクロスを発見した日」らしい。真実のクロスってなんじゃ?
とにかく、マスカルスクエアでなんかあるらしいので行ってみた。
昼過ぎからイベントがあるというので行ってみたが、まだまだ始まる感じではない。
雲行きも怪しくなってきたのでとっとと始めてほしい…

IMG_6136.jpg



待っていると雨がポツポツしてきた。
エチオピアに入ってから雨の降らない日はない。
仕方なく近くのカフェに入って雨宿り。
すると横のテーブルにいた綺麗な身なりの30代くらいの男性4人が話しかけてきた。
「今日みたいな特別な日を見る事ができる君達はラッキーだね。だけどまだ始まらないよ。」
「何時からなの?」
「たぶん16時半くらいじゃないかな」

まだまだ時間がある。
「ところでさ、いつ雨季あけるのかな?」と聞くと
「明後日。」と言う。
こんなに毎日土砂降り雨が降るのに、明後日にあけるとは思えない。
「ほんとにー?そうは思えないけど。」
というと、彼は「いや。ほんと。ほんと。」と言った。

驚く事に2日後、ぴったりと雨が降らなくなって毎日晴天となった。
エチオピア人、恐るべし・・・・

まだまだ時間があるのでどうしようかと思っていると彼らが
「ナショナルミュージアム」と「TAITU HOTEL」を見に行ってきたら?と勧めてくれた。
しかし、ミュージアムはもう行ったし、TAITU HOTELには泊まってるし…
TAITU は1898年に建てられた歴史あるホテルでタイトゥ皇帝が建てたエチオピアで初の西欧風ホテルと言う事で有名なのだ。



彼らに別れを告げ、潰れかけている折りたたみ傘にふたりで入りながらウロウロしてみる。
行くところもないのでまた違うカフェに入ってみる。
そこで「ピーナッツティー」を飲んでみた。
エチオピアはピーナツが名産なのかピーナツ商品がよくある。
ティーは美味しいとは言い難いが、まあ飲めなくはない。なんか泥っとした感じ。
一杯飲み干すとちょっとムカムカしそうだ。


IMG_6160.jpg


16時にスクエアの方へ戻るとイベントに参加すると思われる団体が道を行進している。
そしてかなりの人が増えている。ガラガラだったスクエアが人で埋まっていた。
始まるのをエチオピア人と横に並んで待つ。1時間待っても始まらない…。
そのうちまた土砂降りの雨が降って来た。
サトとまたもや壊れかけの折り畳み傘に小さくなって入る。
もう足元はどろどろ、肩はびしょびしょ。人が多すぎて苦しい。病み上がりだった事もあって気持ち悪くなってきた頃、やっとイベントが始まった。


IMG_4704.jpg


IMG_6180.jpg


偉いさんの話が始まった。長い。スピーカーが壊れていてうちらがいるサイドはその偉いさんの話も聞こえない。聞こえても何言ってるかわからんけど。
それにしても偉いさんがいるところは屋根があるからいいけど庶民がいるところは屋根がなくみんなびちょ濡れになっているのがわからないのか!!!!と言いたい。
気を利かせて少しは早く演説を切り上げようという気は起こらないのか!!と言いたくなるほど長い演説だった。
その長いながーーーーーーい演説がおわってやっとこのイベントのメインになった。
みんなが手にもっている蝋燭に火を灯し始めた。雨もちょうど小降りになってきた。

IMG_6248.jpg



IMG_6243.jpg



綺麗である。

そしてスクエアの真ん中にあるツリーみたいな組枝に火が点けられた。
すごい勢いで燃え上がった。
火柱ができた。

IMG_6294.jpg



周りは興奮してあのエチオピア独特の「アヤヤヤヤヤヤ〜」ソングを歌っている。

演説中は暇そうにしていたみんなの顔が笑顔になった。

むこうでは小さな花火が上がっている。


最後の最後までみたら、この人数だと帰るのが大変になりそうだったので、数人が帰りだした頃、うちらも退散する事にした。
そして、ずっと立ちっぱなしで疲れていたので、スクエアの近くにある中華料理屋で夕飯を取る事にした。






posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ←ポチッと押してくれると嬉しい。ランキング参加中。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。