2011年11月29日

ごった返している町 kampala


IMG_5215.jpg


ナイロビからバスに揺られて16時間。
ウガンダの首都カンパラに到着したのは午後11時を過ぎていた。
どこかわからないところでバスから降ろされる。
辺りはもう真っ暗だ。とにかく宿を探さないといけないのだが、外套がないからなんていう通りにいるのか全く分からない。
大きな荷物を背負って、こんな時間に歩き回りたくないのでオールドタクシーパーク近くの安宿が集まっているところまでタクシーを使う。

タクシーの値段交渉などしていたら宿付近に着いた時は午前0時になっていた。
目当ての宿はもうレセプションが閉まっていて呼んでも誰もでてこない。
タクシーの運転手も一緒になって探してくれた。
近くにあった「New ABC HOTEL」を覗くと部屋あるよというのでとり合えず今日はここに泊まる事にした。
数ある部屋の中から一応綺麗な部屋をくれた。
が、、、宿全体が暗い雰囲気でお客がおらずあまり綺麗ではない。部屋の窓は割れているし、近くのバーからの騒音がすごかった。
だけどもうへとへとだったのでとり合えず今日はここに泊まる事にして水シャワーを浴び午前1時半就寝。
夜中の宿探しほど精神的に疲れるものはない、、、。


明朝、近くの「MUKUWANO GH」に移動する。ツインルーム(トイレ水シャワー共同朝食付)22,000UGX(約700円)
3階の部屋で窓からはオウィノマーケットが見える。
レセプションの人も良い人だし情報ノートもある。ただ小さなゴキブリみたいな虫が多いのが気になる。
近くにSHOPLITEという大型スーパーがあり、タクシーパークも近く便利ではある。

昨日のバス移動の疲れがどっと溜まっているので1日中、何もせずにダラダラと過ごす。
情報ノートに「夜になるとこの辺りには安くて美味しい屋台がたくさんでる」と書いてあったので出かけてみると、全くといってない。というかご飯を食べるところがあまりない…。
屋台は政府によって最近、撤退させられたらしい。期待していたのに残念である。
仕方なく小さなレストランに入るがメニューに載っている食べ物はほとんどない。なんだかしょぼい夕飯となった…。
ウガンダのローカル飯はなんだか期待できなさそうである…。

IMG_5223.jpg

このご飯はまだ良いほう。白いのがポーションとよばれるウガリ。出来立てで湯気が立っていた。



翌日ショッピングセンターがあるというのでいってみた。
NAKUMATTショッピングセンター。カジノが横にあって、金持ちの車がたくさん駐車場にはとまっている。

IMG_5229.jpg


カンパラの富裕層と外国人が買い物にきていた。
中にあるカフェにはwifiが飛んでいるらしくたくさんの欧米人がいた。

うちらが泊まっている辺りとはえらい違いである。

カンパラも飽きてきたので、日本人のカマウさんが運営している施設「NEWTOPIA」へ向かう事にした。
事前に電話して訪問しないといけない事になっている。
電話をもっていないうちらにとって電話をする作業というのはけっこう面倒。
公衆電話はカードかTOKUNとやらいうコインをどこかで購入しないといけないらしいし、多くの公衆電話が潰れている。
宿の電話も貸してくれないというし、どうしたものかと思っていると携帯のAIRTELカードを売っているおばちゃんの後ろにごっついアンテナがついた家庭用のような電話が置いてある。
どのような仕組みになっているのかわからないけど、ここからかけられるとの事。
1000UGXを払って電話する事ができた。
公衆電話の前に座っている黄色のシャツきたおばちゃんに声をかけると、電話や携帯で電話する事が可能らしい。携帯だと1分300UGX。

明日からボランティアはじまります。

posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | ウガンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

ここが超危険なの?? nairobi


サファリから帰ってきたナイロビでは宿を移動し、数日のんびり過ごす。

宿はニューケニヤロッジから徒歩3分のところにある

「DESTENY HOTEL」シングル 850ksh

ホットシャワー、トイレ付 部屋に電源あり 部屋は小奇麗で少し狭いがセキュリティーも問題なさそうな感じ。

ニューケニヤロッジの近くにはこのレベルの宿がたくさんあるので
自分の目で確かめながら探すといい。

うちらがナイロビにいた間にも、情報ノートを見るため、サファリに参加する為に1日〜2日だけニューケニヤロッジに泊まって、その後移動する人が多かった。

しかし1泊の宿泊料金が安すぎるような宿は治安上、避けた方が良さそうである。
部屋に貴重品を置いてでかけて帰ってきたら、部屋の鍵を壊されて大金を盗まれた話を聞いた。
宿泊者の客層やスタッフの応対を確かめて宿を決める事をおすすめします。


ニューケニヤロッジの情報ノートに書いてあった、「WIFI可能カフェ、レストラン」へ行ってみたが両方とも使えなかった。
ナイロビでWIFIは期待しない方がよさそうである。

ニューケニヤロッジからlatema Rd の突き当たりに青いビルがある。
そのビルに何軒かネットカフェが入っているのでそこでラップトップを繋がせてくれる店がある。WIFIありのレストランへ行くよりもネットカフェの方が確実で安くつく。




ヒルトンホテル近くにあるJAVA COFFEE(チェーン店なので高級エリアにはよくある)
ここはゆっくりくつろげて、ケーキ類もおいしい。

IMG_5183.jpg


IMG_5184.jpg

金持ちそうな人が多い。


しかしダウンタウンの物価に比べると高い。
カフェオレ一杯190ksh
ダウンタウンだと夕飯が食べれてしまう値段である。

IMG_5188.jpg


しかしたまにくる都会では都会の空気が詰まっているカフェに行きたくなってしまう。
都会で育った為なのか、久々に来るとなぜかどうしてもホッとするのだ。



外付けハードディスクが壊れてしまったのでナイロビで購入。
ヒルトンからケニヤッタAveの間の道にあるお店を何軒が当たってみたが

高い…。

ついつい日本と比べてしまう。

電化製品はやはり日本で買うに限る。
一番安い店で250GBのHDで5400ksh(約5400円)



Moi Aveを隔てるだけで物の物価がかなり変わる。
マラリア予防薬の「メファキン」の値段も違った。
ヒルトン近くでは1200〜1500kshといわれたのが、accra Rd のダウンタウンだと850kshくらい。完璧に同じものなのに値段がちがった。



ナイロビ郊外にあるNANAセンターへいってきた。
ヒルトン横のバスターミナルからYAYAセンター行きバスが40kshで頻繁にでている。
YAYAセンターには醤油、のり、味噌など売っている店や中国ブランドのアウトドア用品店、自転車屋、スーパーなどが入っていた。
ボロボロになってきたバックパックカバーを新調しようと買いにいったのだけど、値段のわりにかなりちゃっちいので買わなかった。


せっかくここまできたので近くにある「日本人倶楽部」という日本食レストランへいってきた。
YAYAセンターから2本道を隔てた高級住宅街の中にポツンとある。
歩いて10分かからないくらい。

IMG_5206.jpg


門番に門を開けてもらって中に入ると、日本家屋風の建物がある。
中は広々していて静かで落ち着ける。

IMG_5191.jpg


漫画、単行本、新しい雑誌なども置いてあってお茶のお変わりも無限にいれてくれる。
うちらは2時間も滞在してしまった。
私は「倶楽部定食」780ksh
豚しょうが焼or鳥の照り焼き 納豆or豆腐 を選べる。
IMG_5195.jpg



サトはいつもの如く「かつ丼」670ksh
IMG_5197.jpg



白米が美味しくないのが残念だったけど、まあまあ合格ラインの味である。
ラーメン、うどん、寿司などもあった。デザートには抹茶アイスなどもあるらしい。

IMG_5201.jpg




夕飯はヨシさんと一緒に。
ヨシさんとはウシュアイアの上野山荘で会ってからの再会なので久々である。
待ち合わせでなく偶然の再会だったのですごく嬉しかった。
ヨシさんにはほんわかした空気が流れているので一緒にいると和みます。
折りたたみ自転車で世界一周していると大変なこともあるだろうけど、ヨシさんの話は楽しい事ばかりなのでうちらも元気になる。
好奇心でいっぱいのヨシさんといると、もっと旅をたのしまなくっちゃ損だなという気分になった。
ヨシさんから南アフリカも楽しいよ!という話をたくさん聞き、ちょっとアフリカに疲れていた心が立ち直ってきた。

もう数日滞在できそうなナイロビだったけど、週末に入る前にウガンダへ行く事を決めニューケニヤロッジ横にオフィスがあるカンパラコーチで朝7時発の「カンパラ行き」のチケットを購入。2200ksh

たった一週間ほどのケニヤ滞在。
短かったな…

ナイロビは最低限の注意をしていれば、危ないといった感じはなかったな。
しかしこれも運らしいので、なんともいえないけど。



posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | ケニヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

ケニヤのパン nairobi

スーパー「TUSKEYS」の焼きたてスコーンとマフィン。
久々に美味しいスコーンを食べる事ができて,はまっていた。
値段も安いし毎日作っていてできたてなのもうれしい。

エチオピアからケニヤに入ってまず驚いたのは、

パンやケーキのレベルがめちゃくちゃ上がった事。

「アフリカだから…」

と自分を納得させながら食べなくていいのが嬉しい。

日本のスーパーのものとかわらないクオリティだと思う。

さすがナイロビです。

あと、JAVA COFFEEのチョコクロワッサンおいしいす!

IMG_5188.jpg

posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | 海外のパン屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ←ポチッと押してくれると嬉しい。ランキング参加中。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。