2012年03月24日

相方の誕生日ケーキはベジケーキ mubeya


本日、サトの誕生日。
誕生日だからというわけではなかったが、豪華なランチをしにムベヤ郊外にある欧米人夫婦経営のコーヒー農場併設のレストランへ。

IMG_2464.jpg


ダラダラに乗り、さらにタクシーに乗りかえて1時間くらい。
見晴らし最高のロケーションにあるお洒落なレストラン&ホテル。

メニューは日替わり。なので何が食べられるかわからない。
手作りのソーセージ、ナッツがたっぷりのストロガノフ。
デザートにエスプレッソのかかったバニラアイス。
タンザニアをいっさい感じさせないメニュー。

IMG_2483.jpg


IMG_2484.jpg



広大で緑の多い景色の中で食べるランチは大満足。

IMG_2477.jpg


たまにはこんなホテルにも泊まりたいな…と思いながら敷地を散策。

IMG_2472.jpg




レストランのすぐ近くにコーヒー農園があり歩いていけるというのでいってみる。

しかし・・・・迷う。

コーヒー農園にたどり着く前に雨が降りそうになってきたので引き返すがさらに迷う。
村人に会って道を聞くが、どう考えてもその方角はない!という方向を指す。
自分達の記憶を辿って戻るが道が見つからず、車の音のするほうへ歩くとまったく違うところからではあるがレストランに辿りつけた。
本当にレストランの近くをウロウロと迷っていたらしい。

またタクシーに乗りダラダラを乗り継いで家へ戻る。
ヨウコちゃんに「今日、実はサトの誕生日なんだよね。どっかでケーキ買えないかな」と相談すると、いろいろ探してくれるがケーキが見つからず。
日本みたいにすぐみつかると思っていた私が間違っていた。

そして明日、ニワトリを一羽買ってきてごちそうつくろう!という事になり今日は「とりあえずケーキ」で凌ぐ。

コレが「とりあえずケーキ」 笑


IMG_2500.jpg


サトの大好きなアボガドディップにロウソク代わりに人参。

なかなか喜んでくれました〜!
posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | タンザニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

女性グループ達が頑張る現場 mubeya


IMG_2416.jpg


ヨウコちゃんが支援している女性グループへ3件連れて行ってもらう。

まずはシングルマザーのママのグループ。
ここは大きなバックがついていないので、本当に自分達で手探りで進めていっている。
前は興味本位で来ている人がいて人数が多かったらしいが、今は人数が減ってきた。
しかしその分、本当にやる気のある人、丁寧に仕事を出来る人が残っていいとヨウコちゃんは言っていた。
ここではビーズや布を使ってアクセサリーを作っている。
基本的にアフリカの女性はお洒落にとても興味がある。色使いにもこだわっている。

あの派手な柄の布を着こなすのだから色彩センスはあると思う。
しかしまだ始まったばかりでうまくそのセンスを取り入れる事ができていないようで、
彼女達に自由に製作させたものをみせてもらうと、はっきり言って商品としては無理という仕上がりだ。
その点をこれからヨウコちゃんが指導していかなければならないだろう。
しかし楽しんで作っているようなので、買い手がたくさんつけばいいのになと思う。

もうひとつ、アクセサリー作りをしているママ達の所へ連れて行ってもらった。
ここはHIVのママ達の家。

IMG_5885.jpg


みんなでワイワイとアイディアを出し合って、団結して作っている。
見せてもらったものの仕上がりのクオリティもいい。
今回、ヨウコちゃんが営業して販路を掴んできたコーヒー農場併設のお洒落なレストランで置いてもらえることになったのでコーヒーをテーマに作成したらしい。
ここを見せてもらって感じたことは、商品化を考えるならテーマを与える事と使用するビーズの色を予め決めてしまうのもひとつの手ではないかと思った。

IMG_5889.jpg

ママ達がコーヒーをイメージしながら作ったピアス



タンザニア人と違った色彩感覚を持っている人間のものをみるのも新鮮かなと思い、私が作ってみたサンプルを持っていく。

IMG_5891.jpg

どうやろか・・・


みんな真剣に観察してこれを置いていって欲しいといってくれた。
少しでもこれからの作品に役立てばいいかなと思う。

お礼に彼女達が作成した、ピアスとネックレスをプレゼントしてくれた。



3つ目は欧米人のスポンサーがついていて、もうかなり安定しているbamboo works。
立派な建物の中でたくさんの女性達がはたいていた。

IMG_2439.jpg


この女性達も自主的にきて竹細工を学んで仕事を楽しんでいた。
この技術は昔に日本の方がきて伝授していったものを今も受け継ぎ、新しいものをどんどん生み出していっているとの事。

IMG_2427.jpg

この丸みのあるフォルム。素敵。


IMG_2434.jpg


けっこうたくさんの買い手もついていて、展覧会にも出品できる機会もあったらしい。
ここは、もうしっかりと確立できているのでヨウコちゃんはあまり製作に関しては手出しはしていないらしいが、しっかりとしたHPを作ったりしている。



3つの現場を見学させてもらって、この活動だけで生活を維持できるレベルまでは遠い。
だけど、娯楽の少ない村の女性達が生活を楽しめるだけでも価値のある事だと思う。

どこの国の女性も雑貨が好きなんだな。同じだな〜と思った。
町から遠くに住んでいる女性達にもこういう活動が広がっていけばいいなと願う。

posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | タンザニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

マラウィとザンビアの近く mubeya


IMG_2351.jpg


素敵な時間を過ごさせてもらい休養もさせて頂いたイリンガからタンザニアの南の町ムベヤにやってきた。
ザンビアとマラウィの国境に近いという事もあって栄えている町。
緑が多く、食物、品物が豊富。道行く人の中にもスーツを着ている人がいたりする。
町の外れにはタンザン鉄道の駅があり、観光客はいないけど何だか活気のある町だ。

IMG_2376.jpg



バスターミナルに到着するとムベヤに住んでいるヨウコちゃんが迎えにきてくれいた。
ムベヤではヨウコちゃんの家にお世話になる事に。

夕飯の買い物しながら市場を案内してもらった。
市場を歩いていると、どこからともなく「YO-KO!!!」という声が聞こえてくる。
ヨウコちゃんはタンザニアに来てまだ1年も経っていないけどスワヒリ語が流暢。
彼女の生活を見ていると、会話を楽しんでいる。ムベヤでの生活を楽しんでいるのが伝わってきた。

IMG_2452.jpg


ムベヤはいい野菜が安い!
野菜をたっぷりと食べたいうちらには本当に嬉しい。
優秀インスタントのすし太郎を使ってアボガドたっぷりのチラシ寿司と野菜たっぷりでトロんとしたお好み焼きでウェルカムしてくれた。

IMG_2360.jpg


めちゃくちゃ美味しい☆。
バス移動で疲れた時に野菜たっぷり日本食で癒された。


ヨウコちゃんの家から近い山に登りに連れて行ってくれた。
この山も特に道しるべとかがあるわけではないから、道を知っている人といったほうがよい。
そんなに高くないから遭難する事はなさそうだけど、道という道がないから分かりにくい。
山頂近くに大きな十字架があるのでそこを目指していく。
途中、ヨウコちゃん達が命名した「ナオンバ村」を通る。
ナオンバというのはスワヒリ語でWANTの意味。
村人の横を通るときに挨拶すると気持ちよく返事してくれるのだけど
必ず最後には「お金ちょうだい」と手を出してくる。だから「ナオンバ村」

IMG_2390.jpg



だけど村人ももらえたらラッキー程度で言っている感じで、すごく平和な小さな村だ。
村人のとうもろこし畑やひまわり畑を抜けて山頂へ。
一番トップまでは急すぎて行かなかった。後日サトがひとりでのぼりに行ったが、かなり急で滑りやすく足元も不安定なため行かなくてよかったと言われた。

IMG_2396.jpg


山頂からはムベヤの町、タンザン鉄道駅のほうも見えた。
ムベヤは少し標高が高いので山頂にしばらくいると肌寒い。
ドドマやイリンガと比べるとかなり緑が多い。国土の広いタンザニアは町ごとにまったく違う景色をみせてくれて楽しい。


ヨウコちゃんの職場の同僚、メリナが経営する食堂へ。
本当に飾り気もなくこじんまりとした食堂なんだけどめちゃくちゃ美味しい。
タンザニアで食べたローカル料理で一番おいしかった。

IMG_2405.jpg



タンザニアでは、公務員や大きな会社に勤めている人でも副業をもっている人が多いらしい。
特に公務員はほとんどの人が自分で他の事業を立ち上げようとしている。
給料はそれなりにもらっているが、彼らの上昇志向はかなり高いらしいのだ。
公務員だからといって、副業をしてはいけないという規則はない。
だから多くの公務員は副業のほうに力を入れてしまうことが多くなってしまう。
だから国として発展するのに時間がかかってしまうのではないかとも想像する。

日本では「これだから公務員は!」という言葉をよく聞くが、日本の外にでるといかに日本の公務員は優秀かと痛感する。

ヨウコちゃんとキリマンジャロマラソンで初めて会った。
その時、かわいいピアスをしていて「かわいいね。それ。」というとヨウコちゃんが支援している女性グループが作ったという話をきいた。
それを聞いて是非、見学したかったので滞在中に連れて行ってもらえることになった。
しかもヨウコちゃんは偶然にも日本にいるうちらの友人と知り合いだった。すごい偶然!!
なんかこういう偶然ってすごい嬉しくなる☆彡
ムベヤも楽しくなりそうである。



posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | タンザニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ←ポチッと押してくれると嬉しい。ランキング参加中。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。