2012年04月14日

3日目潜る tofo

またまた朝8時集合。
昨日と同じ手順をふみ出発。

今日は昨日の予定ではメディアで特集される事が多い有名な「マンタリーフ」へ行く予定だったが
今、荒れすぎていて入れないとの事。
なので「オフィス」と呼ばれるポイントへ行く事になった。
ここもたくさんの魚があつまり、マンタにあえるポイントとして有名らしい。


ボートで約30分。
今日のボートは水しぶきがすごいが、揺れは慣れたのか大丈夫だった。
しかし、しっかり足バンドに足を入れて固定し紐をもっていないと海へ飛ばされそうな事も度々。
ポイントに到着したら、先ににっくき「PERIPERI DIVER」のボートがいた。
彼らのグループがエントリーするまで待っていたのだけど、なかなかエントリーしない為に少し離れた所へ移動。

インストラクターが波を見て、今だ!!
という瞬間に「3 ! 2 ! 1 !!!!」と叫ぶ。みんな一斉にドボン!!!

一気に海底を目指す。
海底に着くと魚がウヨウヨ。

岩場に着くとたくさんの魚達が優雅に泳いでいる。
その中によく、ダイビング雑誌でみるカラフルで大きなウツボ君の姿が。
岩から地面と直角の角度でニョキッと半身だしている。
口は半開き、人がよってもびくとも動かない。
変な魚だけど、愛嬌がある。

インストラクターが岩場の間に面白い魚がいるよと合図してくれた。
ならんで順番に岩場を覗く。
するといきなり上から列を割って人が入ってきた。
何かと思って回りを見渡すと、うちらのグループの中に他のグループが割り込んできて
だれがどっちのグループが分からない状態になっていた。
ひとつの岩場にすごい人数である・・・ 
ひとグループ10人くらいはいるからインストラクター合わせると25人はいたと思う。


ウェットをみると「PERIPEIRI DIVER」
うちのインストラクター達をみると両手を顔の位置まで挙げて、信じられない!
と怒っている。
さっきエントリーの順番待ちをして先にいかせてあげたのに、邪魔をしにくるとは何事…
という感じである。
本当にぐっちゃぐちゃになって人数確認するのに貴重な時間をかなり使ってしまった。

ボートにあがってからもインストラクター達は怒っていた。


気を取り直して、続きを楽しむ。
インストラクターが岩場の下を覗き込んだりして一生懸命に珍しい魚を探す。
私の中では大きなマンタじゃなくてもいいから、岩場の下に青い斑点で光るマンタとかいないかなーと期待を込めて一緒に覗くと、


でかっっッ




なんかの影。

私の身長と同じくらいのごっつい魚がゆら〜〜〜〜〜と泳いでいる。
(ちなみに私の身長152cm)

顔もめちゃめちゃでかい!!!

マンタじゃなかったけど、こんなにでかい魚をみたのは初めてである。
ちょっと興奮!

みんなが順番に見終わり移動し始めた頃、そのでか魚が岩場からでて姿を現してくれた。
いやーでかい。
並んで写真に撮りたかった。

あんなでかい魚。
脳みそもそれなりにあるだろうに、何を考えているのだろう。
表情ないからさっぱりわからん。



今回も残念ながら、マンタはみれなかった。

だけど、うちらはもう満足した。
もう、ここでのダイブは満足したね。とお互いの意見が一致したので、ここで終了。

ショップの人は「やっと慣れてきて、今からなのに!」
というが、今回はマンタに呼ばれていなかったのだという気がするので
違う海でマンタに会えることを願って、ひとまず終了。

マンタには会えなかったけど、なんか本当に満足している。


会える時にしか会えないから、神秘的なんだ。


死ぬまでにはマンタに会えるでしょう。


ちなみにお代金は
リフレッシュダイビング(プール講習+海1ダイブ) 2,400mt→2,160mt
1ダイブ 1,500mt→1,200mt(オーナーのジョンが安くしてくれた)

マンタリーフなど入域料金がかかるところへ行った場合は+300mt必要。

今日は行く道中に、イルカと蟹が泳いでいるところに遭遇。
蟹。泳いでいるのか流されてジタバタしてるのかという状態だったけど
インストラクター曰く、泳いでいるらしい。

ええもん、みれました。



posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

何しにきたかわからん san jose


パナマへの道がなかなか修復できないらしい。

なんでも道の真ん中にかなり大きな穴が2つも開いたらしく

いつパナマへいけるかわからないらしい。

昨日、サン・ホセへの道がつながったらしいのでしぶしぶ進路変更。

サン・イシドロのバスターミナルへ朝の6時に。

無事にバスのチケットも買えたし〜と思ってバスを待つ。

出発の6時半になってもバスが来ない、、、、、

IMG_3300.jpg

荷物だ積んで何時間も待つことに…

職員が「次の8時半発のバスに6時半出発の人達が乗ることになります。」

との事。昨夜の雨のせいか道をまた綺麗にしないといけないらしく、

大型の車が通れない状態らしい…

しゃーない…

最近、バスが定刻通りに出発することに慣れすぎていた。

アジアやインドでは1時間2時間の遅れなんて平気だったのに、少しの待ち時間でも

イライラするようになってしまった。こんな事じゃいかん。と「気長に…気長に…」

と唱えながらバスを待つ。

気長に気長にキナガーに待ってバスが出たのは

10時半…

はー…長かった。

待ち時間、サトがイライラしてもうホテルへ戻ろうというのを何とかなだめ、

サン・ホセ行きのバスに乗れたー。

サン・ホセまで3時間の予定が午後の5時半に到着。

IMG_3301.jpg

途中、何度か止まる…

結局、1日仕事となりました(笑)

南米の情報や道路情報が欲しくて、センターから少し離れた日本人宿、「サバナ喜多側」へ。

閉まっとる…

バスターミナルから、せっかく高いタクシー代払ってここまできてあげたのに!!!!!

いくらピンポン押してもでてこない。近くのレストランで聞くと、

「あーチャイナの所?」

「そう。ハポンだけどね。あそこだよね??」

「そうだけど、ここ2ヶ月くらい見てないよ。」

「………。」

との事。せめて、張り紙くらい貼っておいてほしいんですけど…喜多側さん。

バスに乗ってパナマ行きのバスターミナルの近くの宿へ。

「COCORI」

周辺の治安は悪いみたいだけど、けっこう居心地よかった。

ツイン 10,500コロン(約1,700円)ホットシャワー、タオル、TV付。
Wifiあり(無料だったり有料だったりする 笑)

IMG_3306.jpg


宿の人が本当に親切で癒されました。こっちに泊まってよかったーと思った。

センターにも近いし。


翌日の朝。

パナマの国境面倒くさそうだし、もう飛行機でペルーまで飛んじゃおうぜー♪イェイ

ってな気分のところにおじさんが笑顔で

「今日からパナマへの道が通ったからパナマへバスで行けるよ!」


「え………?」

もう、パナマの気分じゃないのに…うちらの事、パナマは呼んでいないと思ったのに…

飛行機にのるためにサン・ホセ来たのに…来た翌日に道が通るなんて。

なんのためにサン・イシドロから苦労してサン・ホセにきたのか…

まあ、これが陸路の旅の醍醐味だよ。とかなんとかお互いに言い合いなんとかパナマへの気持

ちを盛り上げる。

バスの出発まで3時間ほど市内観光。大して何もない。

IMG_7746.jpg

コスタリカ市民が愛してやまないらしい国立劇場。ちっちゃ…
IMG_7750.jpg

国立劇場の中
IMG_7757.jpg



高級バスのTICAバスだとパナマシティ行 昼12発US$36 夜行US$47

うちらが乗ったのは TORACOPA社のバス パナマのダビ行 US$16ほど。

TICAバスのような地獄のクーラーがなくて快適だった。

夜12時ダビ着で同じバスターミナルからそのままシティ行に乗れる。US$12。

夜12時発と3時発がある。12時発に乗れなくても待合室で待てるから安心。

12時発より3時発に乗ったほうが、パナマシティを安全な時間に到着できるかも。

IMG_3308.jpg



パナマへ向かう道中も所々で大洪水の被害にあった家をみかけた。

今回一番、被害の大きかった町も通った。

IMG_3315.jpg


みんなまだ家の中はどろどろで長靴はいて掃除していた。

でも、商店やパン屋はしっかり営業再会していて町自体は復活に向けて動いていた。

町の人達も笑顔で「家はこんくらいまで水がきたぞ!」なんておしゃべりしている。

死者もでて、家がぐちゃぐちゃになって大変な時でもみんなしっかりしている。

近所の人達の気遣いや助けがあるからこそ笑顔で話ができるんだろうなと思う。

何度も途中で洪水被害のためにバスが止まったけど夜の10時に国境に到着。

コスタリカの出国はすんなりいきました。

問題はパナマの入国。

パナマからの出国チケットを持っていなかったうちら。しっかり入国の際つかまりました…

結局、パナマからコスタリカへ戻るバスチケットを買って入国できた。(US$16)

何人かの友達が見せろといわれなかったらしいし〜…と甘くみていたうちらが悪いです。

でも、ツーリストカードの購入はなかった。なんでだろ?

バス代に含まれていたのかなぁ。(後になんの問題もなかった)

国境の出国は好きだけど、入国手続き嫌いーーーー。

posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

ブログが変… san isidoro


見ておわかりの通り、ブログ画面がおかしなことになってます。

土砂崩れで軟禁中のため時間はたっぷりあるものの…

直し方がわからん…

ぁーわからんー。なんなんやろか…



posted by hoso9 at 08:31 | Comment(4) | コスタリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ←ポチッと押してくれると嬉しい。ランキング参加中。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。