2010年11月10日

歴史の跡 panama city


パナマ運河からタクシーで旧市街へ。(US$4)

IMG_7962.jpg


パナマの旧市街「カスコ・ビエホ」 世界遺産にも登録されているらしい。

またもや中米おなじみのコロニアル調な町並み。

はじめて、コロニアル調をみたのはいつのことか。

IMG_7959.jpg


日本に住む人には魅力的なこの言葉。贅沢なことにコロニアル調…

すでに、飽きてます…

IMG_7947.jpg


だけど、やっぱりお洒落だなーと思う。でもその反面、

スペイン人達に完璧に街を壊され、全てを奪われた歴史を思ってしまう。

歴史を知ると、綺麗な街も複雑な気持ちになることがある。

IMG_7930.jpg

カスコ・ビエホから新市街を見る。えらい違い…



パナマ、かなり暑い!!!日差しもきつーい。

カスコ・ビエホはこじんまりとした地域。歩いてあっという間にまわれる。

IMG_7943.jpg

なんか作ってる。


お土産屋さんやカフェなどもありのんびりできる。

クナ族が作るモラと呼ばれる布(パッチワークみたいなやつ)も買える。

新市街でみるよりこっちのほうがいいものを見つけることができた。

本来のモラは数枚の生地をあわせて、切ったり貼ったり刺繍したりして

幾何学的な模様のものらしい。だけど、観光客用に動物などの模様を取り入れた

モラを作っているとのこと。

でも、観光客用の方が可愛くってついついそっちに目がいってしまう。

IMG_8073.jpg

買ったモラ。

IMG_7890.jpg

他にも、モラチックなポシェットなど。


IMG_7969.jpg

かわいいけど高くて買えなかった藁(?)で編んだ皿。
posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | パナマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教科書で習ったとこ panama city


学生の頃、社会が大の苦手、何の必要があるの?

と思っていた私。テストの答えはいつも「アメリカ合衆国」だった私。

そんな私でも知っている名前

「パナマ運河」

今日はそれを見に行ってきた。

いったところはミラ・フローレス。観光客用に閘門を見やすいようにしてあり

博物館もある場所。うちらは閘門だけみた。閘門だけだと大人US$5 学生US$3

IMG_7822.jpg


そもそも、学の低い私は運河って何するところ???って思ってた。

なんとなくわかっていたけど、どんな働きをしているのかは実は知らんかった…。

そして、なんでこんなに小さな国のパナマが運河として大きな働きをしているのか

ということも知らんかった。

旅を始めて、やっと世界の仕組みに興味がでてきた。

パナマ運河は世界の中で大きな存在だ。

船が主流だった頃には更にすごく大きな役割を果たしていたんだろうと思う。

IMG_7884.jpg


世界地図を見るとよくわかる。

アメリカ大陸のちょうどまんなか辺りにあるのがパナマ。

この巨大な大陸を船で越えるのに北回りでも南回りでも大変だ。

それが真ん中のちょうど細くなっているパナマを通ることができたら

かなりの時間、距離、燃料、経費の削減が可能だ。

そして、このパナマ運河ができるまで大変な歴史がある。はじめからパナマが

作ったわけではないのだ。はじめにパナマに目をつけて建設にかかったのは、

フランス人。だけど工事・資金難で会社は倒産し、マラリアと黄熱病により

労働者の3万人が死亡する。その後、アメリカが工事を引き継ぎ1914年に開通する。

1999年12月31日にアメリカからパナマに管理権が引き渡された。

昔のパナマには財力、権力、知識がなかったのかもしれないけど

結局、作ったのはパナマではなく他の国なのだ…。


パナマ運河は太平洋と大西洋をつないでいる。

閘門では太平洋と大西洋の水位差を利用して水位調整して船の上下をしている。

IMG_7846.jpg

水位が上がるのを待っている船


想像していたよりかなーり小さく狭いパナマ運河。

このパナマ運河を大きな船がぎりぎりで通る。通る時にはアメ車くらいの大きさの

電気機関車が6台で船をゆっくりひっぱる。

IMG_7862.jpg


これが職人技!!あの狭い運河をちょっとづつ、ぶつからないように引っ張っていく。

大型船にのっている船員達も手を振ったり、写真を撮ったりして楽しそうだ。

船員達にとっても特別な場所なんだなーと思う。

IMG_7852.jpg

水位が同じになって閘門が開いていく時

今日はひとつ、賢くなれた気がする。

旅にでると、いつも思うこと

「なんで、もっと勉強しとけへんかったんやろー…」

IMG_7915.jpg

パナマ運河の西の玄関コロンとシティを繋ぐ電車。かっちょいいね

posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | パナマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

パナマ新市街で飛行機のチケット買った panama city


パナマシティに到着してすぐにタクシーでホテルへ。

センターから少し離れてるけど安さには勝てません…

「RIO DE JANEIRO」

一室15ドル

TV、ファン、シャワートイレ 付

周りは少し治安が悪いらしいけど、センターまでバスに乗ればすぐだし、

夜出歩かなければ大丈夫。

とりあえずバスに乗って新市街へ観光。

IMG_7789.jpg

海が近いから鳥がいっぱい飛んでる
IMG_7795.jpg

大きな教会。中には入れず。
IMG_7798.jpg

中米は門とか柵がほんとにお洒落


カジノがいっぱいある。誘惑に勝ち今回はカジノはいってません!!

サトは「ちょっとだけ〜でへへ。」とかいってたけど今回はなし!!!!

むぅー…何にもない都会。おもしろくないです。

マクドでWifiって書いてあるからネットしようとしたらできない…

店員に聞いてもわからんとかいうし。

今までマクドでWifiできた事、ほぼない。嘘つきマクドめ!

日本のマクドでやろうとした時もできなくて、店員さんい聞いたら

「わかりません…。すみません」との事。んあんじゃ、そら。


かろうじて野良Wifiを拾ってネットする。遅い…

何とか飛行機のチケットを調べる。店頭よりやっぱりネットで買うほうが安い。

コロンビアも大洪水とニュースでみたからもうペルーまで飛んじゃうことに。

もう洪水で軟禁は嫌です。軟禁されるなら日本がいいです。


ちょうどマクドの目の前にCOPA AIRLINE社が聞きに行く。

カウンターだとやっぱり高い…。ネットでみたら安かったっと伝えると

待合のところにパソコンがあるからそこで予約してカウンターで代金払ってね。

という。めちゃ親切。使い方がわからず「むぅぅー…」ってなっていると

店員さんがちゃっちゃーと入力してくれて、

「この紙をセニョーラへ渡してお金払ってね」

と全部やってくれた。はやーい。しんせつぅぅ〜♪

ネット料金で支払い可能。学生証があると更に更に安くなります。

11日の飛行機を買っちゃいました〜。ペルーまでヒトッとびーーー。

予定も決まって気持ちも軽くなりました。

新市街ではほんまにやることなくて、飛行機のチケット買って歩いて宿まで帰る。

IMG_7811.jpg

少し大通りを外れると昔の建物がいっぱいで、街の顔がかわる

途中スーパーに寄り道。さすがTAXなしの国。

私の好物、「SNYDER'S」も安い。私は飲めないからわからんけど

IMG_8351.jpg

なぜか説明は日本語表記。ここから日本へ行くのかな?

サト曰く、ビールのお供に最高だそうです。

IMG_7817.jpg

これはタバスコかと思ったら、ブラッディマリーのカクテル用なんだって。おもろい

IMG_7979.jpg


来月はクリスマス。大きなショッピングセンターはクリスマス一色。

うちらはどこでクリスマス過ごすんやろかー。

去年は日本で何してったけ…悲しい事におもいだせん…

長年、夫婦やってるろクリスマス、どうでもよくなります。いかんね。

IMG_7983.jpg

中米お馴染みのパレード。暇さえあればパレードやってるの?ってなくらいやってる。
posted by hoso9 at 00:00 | Comment(2) | パナマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ←ポチッと押してくれると嬉しい。ランキング参加中。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。