2012年04月19日

南アフリカの南に到着 cape town


予定時刻より遅れて朝8時にケープタウンに到着。


とてもとても綺麗なバスターミナル。
バスターミナルの外へでても、先進国のような町並み。

IMG_3128.jpg




ケープタウンの宿は居心地最高と聞いていた
「キャット & ムース」にとりあえず行ってみようと思っていた。

まだチェックインするには早いかなと思い、エジプト以来の朝マックを楽しむ。

町ですれ違う人は黒人が多いけど、うちらがイメージするアフリカではなくなった。
(勝手にイメージ作るなとアフリカ人に怒られそうだけど)

とにかく何でもある。それだけでなくてお洒落なものがある。うちらでも高いと思ってしまうようなお店がある。日本よりも高いカフェがある。
噂に聞く、アフリカにあるヨーロッパに来てしまった。



そして、悲しい事に感じてしまう居心地のよさ。
結局はこういうところが好きなんやん!と思わざるを得ない、自分。
なんだかんだいっても、生きてきた環境と似たようなところは落ち着くのだ。



キャット&ムースへ到着。素晴らしく気持ちの良い対応。
ちょっと早いけど、チェックインさせてくれた。


あったかいシャワーを浴び、洗濯をしてベッドで寝られる幸せ。
沈没宿の素質、十分あり!!
なので、沈没して観光行く気がなくなる前に昼から周辺を観光しに行く。


C&Aから歩いて20分くらいの場所にあり観光客が集まる「オーシャンフロント」へ行ってみる。
港に到着。
大きな船やヨットがたくさん停泊していた。
中には日本から来たのか、それとも日本の中古船なのかわからないけど
「○○丸」とか「△△号」などと書かれた船の数隻とまっていた。


その近くでアシカが10匹くらい日向ぼっこや追いかけっこをして遊んでいて観光客を和ませていた。

入り口付近にはマンデラさんをはじめ、ノーベル賞を受賞したアフリカ人銅像が並んでおり、その後ろにはコカコーラのボトルケースでつくられたピースをしたモニュメントが立っている。

IMG_2904.jpg



観覧車があったり、遊覧船があったり、お洒落なレストラン、お土産屋さん、ブランド品、観光地に必要なものが揃っていた。

IMG_2926.jpg


オーシャンフロントから少し歩くと、ワールドカップが開かれたスタジアムがある。
あいにく閉まっていたが立派なスタジアムだった。


南アフリカ、到着したんだなーと再認識。

IMG_2912.jpg



posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | 南アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

ついに世界一危険な町へ jobarg


インターケープは快適バス。
南アフリカに入るという事で一気にクオリティ上がった。

夜9時ごろ、モザンビークとの国境もスムーズに通過。
笑顔でポンっとスタンプを押してくれた。
国境近くになると、かなり冷え込んできた。



南アフリカに入ると、パーキングからして別世界になった。
先進国のパーキング。
綺麗な建物に綺麗なトイレ、そしてファーストフード店が併設されている。

すごい。


噂には聞いていたけど、こうも違うのか。



ここ、アフリカなんだよね?と何度も思った。



早朝4時、予定時刻ぴったりヨハネスブルグに到着。
めっちゃ寒い。
ジャンバー着てても寒い。
バスはターミナル内で外へでずにそのまま待合室へいけるので安全。
中のインターケープ客用の待合室に入って、乗り継ぐケープタウン行きのバスの出発時刻12時になるのを待つ。
ターミナルの中はたくさんの警備員がうろうろしているし、危なそうな人もいない。
聞いたとおり、ターミナルの中は安全そうである。

IMG_2869.jpg




ターミナル内にはATMもあるしファーストフード店やコーヒー店などが入っている。
トイレもあるし乗り継ぎだけならターミナルを出る必要はない。
私はターミナルの外は怖いのと寒いのと、用がないのででなかったけど、
じっとする事のできないサトが散策にでた。

サトから貴重品を預かり、あんまり調子に乗ってでていかないようにと釘をさしておいた。


IMG_2868.jpg

外はこんな感じ


ターミナル内にはそれなりにお金を持っている人が多い気がした。
お洒落な格好している女性や、全身スポーツブランドで固めたすらっとした男性、こっちに住んでいる白人達。
ここのバスターミナルからでるバスに乗ることが出来る人は限られた人達のようである。
そんな人達をぼーっと観察しているとサトが散策から帰ってきた。


「普通やったよ。ただ、ミニバスターミナルは一応カメラ出さんかったけど。」



その言葉を聞いてちょっと気になったが、このバスターミナルを数歩でただけで強盗にあったという話も聞いた事があったので、やめとく。

IMG_2870.jpg



少し早いが11時半頃にバスが来ていたので乗り込む。
待合室からバス乗場へ行くカウンターを通るときに「R20払え」という輩がいるが絶対に必要ないので無視しましょう。
一応、警備員にチクッたら「払わなくていいからね」といわれました。

乗客が揃ったからかバスは11時45分に出発。
車窓からみる限り、ヨハネスブルグは平和そうな都会の町だった。
「世界で一番危険」
といわれているのが信じられないくらいだった。

きっとワールドカップ以前ならまた違ったのだろうなと思う。

IMG_2875.jpg


IMG_2876.jpg


IMG_2880.jpg

都会じゃ。


posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | 南アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

首都までは楽チンなシャトルバスで maputo


IMG_2828.jpg

MAPUTO Fatimaのしわくちゃ犬。おじいちゃんです。人懐こくめちゃかわいい


TOFOからMAPUTOまでは宿のシャトルバスを使う事にした。

ひとり700mt(2,100円)と少々お高い。
しかし、何時にあるかわからないローカルバスを乗り継ぎ、荷物代を取れれ、どこに降ろされるかわからないという事を考えると、面倒になりお金を出す事にした。

TOFO FATIMA とMAPUTO FATIMAはDOOR TO DOORでシャトルバスがある。
特別なバスではなく、結局は普通のローカルバスなんだけど、荷物代は取られないし、ちゃんとひとつの座席にひとりで座る事ができる。
日本では当たり前だけどアフリカでは2つの座席に3人から4人座るのだ。

朝4時発で宿の前に迎えに来てくれる。
朝3時45分くらいからTOFOのFATIMA近くで待っていると、もう少し安い値段で乗れるかも???
本当にモザンビークのバスは朝が早い。
エチオピアも早いと思ったがそれ以上である。
いったい何の為に、こんなに早いのだろう。


ほとんど爆睡していたが、午前中のうちにMAPUTOに到着。
MAPUTOのFatimaは住宅街の中にある。
バス停からも離れているから徒歩では無理だったと思うし、場所が分かりづらい。
シャトルできてよかったなと思った。

宿はTOFOよりも高い。
テント泊で1泊ひとり350mt。
しかも下はコンクリート…
テント用のマットを持っていないうちらにはきつい。
マット欲しいけど、かさばるから今のところ持っている自分達の服を全部したにしいてその上に寝ている。
下が柔らかいところなら、いけるけどコンクリートとなるときつい。
服の上しか寝れないから、寝返りなど打てない。
しかし荷物は増やせないし。

IMG_2850.jpg

コンクリ。痛い・・・




MAPUTOの町を散策してみる。
教会があり、その横にはアフリカで一番大きいと言われている銅像がある。

IMG_2840.jpg


その近くにはエッフェルが設計した壁を鉄板で囲まれた冷たい感じのする総督の家がある。

IMG_2841.jpg


そして少し歩くと100年の歴史がある駅がある。

IMG_2848.jpg


クラフトマーケットのある市場は絵画や木彫り、ビーズ細工などが売っている。
値段は交渉次第。けっこう下がる。
動物のビーズ細工がたくさんあった。これは今までみなかったもの。

IMG_2853.jpg


欲しい。
熊のお面で言い値が5000円ほど。
安い。交渉したらもっと下がるけど、持ってかえられへんし。

IMG_2856.jpg


悩んで悩んだ末、小さいのを買う。
しかし、後にこれと同じものに南アフリカで出会う。
値段が4倍くらいする・・・

IMG_2860.jpg


IMG_2864.jpg



お土産はモザンビークのほうが安いようだ。



しかし、食いしん坊のうちらが一番テンションがあがったのは

「ケンタッキーフライドチキン」


日本にいるときはめったに食べないのに、旅行にでると食べたくなるジャンクフード。
裏切らない味でおいしゅうございました。
値段は日本と同じくらい。

IMG_2867.jpg




インターケープとグレイハウンドというバス会社で南アフリカのヨハネスブルグ行を聞く。
インターケープのおばさんたちがすごくにこやかで親切。
そして今ならケープタウンまでプロモーション価格で行けるという。

マプト(19時発)→ヨハネスブルグ(翌朝4時着) R260(約3000円)
ヨハネスブルグ(昼12時発)→ケープタウン(翌朝6時着) R420(約4,500円)

計 R680

という。この値段は安い。

悩む。

一気にケープタウンまで行ってええのか…


ジンバブエ、ナミビア、スワジランド、レソトは飛ばしてしもうてもええのか…


一瞬、悩んだ末、飛ばす事に。
今は綺麗である程度都会で安全な場所で過ごしたい。という気分。

という事で急遽、全部すっとばしてケープタウン行き決定。



MAPUTOの印象。
なんだか中途半端な町。

なんとなく行ってみたけど。
何もなかった。2泊しかしなかった。

ちなみに両替ルート。
町中の両替所、3.72mt→1R
スワジランド行きのローカルバスステーションにも闇両替商がいる。
だけどちゃんとした両替所よりはレートが少し悪いし騙されないように注意。
もうひとつ両替の注意点。
南アフリカランドは売りきれる事が多いので両替は午前中にすませよう。
うちらは南アフリカ出発直前の夕方に両替にいったらどこにもランドがなくて困った。
結局、闇両替を使う事になった。
国境よりもマプトで両替したほうがレートがいい。

posted by hoso9 at 00:00 | Comment(0) | モザンビーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ←ポチッと押してくれると嬉しい。ランキング参加中。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。